最高の思い出に残る結婚写真は写真館と屋外ロケの両方で

一生の思い出に残る結婚写真。今では、アルバムといっても一冊のフォトブックにしたり、結婚式当日のみならず、式前に撮る前撮りなどをするカップルが多くなってきました。結婚は人生最大のイベント。二人にとって、一生の思い出の瞬間を永遠に残し、年老いてから何度見ても、結婚式を迎えたの新鮮な気持ちを思い出すような素敵なものにしたいものです。今では、そんな結婚写真も写真館内のみならず、野外にロケ出張をするようになってきたのです。昭和の時代、結婚写真というと、写真館のスタジオで椅子に座っているものや、二人が寄り添いながら立った姿などが主流でした。しかし、今では写真館のスタジオのみならず、野外にロケに出て写真を撮る事も多くなってきました。今のスタジオは屋内といっても、様々なバリエーションの内装があったり、屋上で空をバックに撮ったり、また、車やバイクをスタジオに入れて撮影する事もできるようになりました。

さらに、二人が出会った場所や、思い出の場所へ出向き、その場で撮影をするといった野外ロケも多く利用されています。遠くになれば往復数時間かけ、出向くこともしばしばです。このように、どんどん変化と進化をしていく結婚写真は、新郎新婦にとって結婚式の本番同様に大切なものになっています。また、最近では、結婚式を挙げないというカップルも増えてきたのですが、ドレス姿は写真で残しておきたいという方も多くいます。そのような方が利用するのがフォトウェディングです。こちらも大変人気のようで、通常の写真館でもそのようなプランがあったり、また、結婚写真専門スタジオという所では、ドレスも着放題、店内全体がすでに結婚式場のようなつくりになっている所もあります。バリエーションにとんだアトリエがあり、憧れのチャペルやプライベートガーデン、またカリヨンの鐘があったりと、結婚式場さながらで、写真を撮るというよりも結婚式を挙げているという雰囲気そのものが出せるのです。そんな中にいる二人は、気分は最高潮、そこから自然と二人の幸せな表情と笑顔が引き出せ、最高の写真が撮れるのです。新郎新婦の二人を被写体として、単に撮影するのではなく、その瞬間の空気、二人の雰囲気、気持ちまでもを写し出すのが結婚写真です。

撮影という事を忘れさせ、心底から出る本当の幸せな表情を出してもらう事こそが大切な事であり、何十年後も見たいと思える写真、それを見た時、撮った時よりもさらに幸せな気持ちにさせてくれるのが結婚写真なのではないでしょうか。

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org